ドリブル塾

個人技術を磨き、個人戦術を学び、相手が来てもボールを奪われない、突破する事が出来る、魅力ある選手の育成を行います。


ドリブルの基本と応用を身に付ける 

 

個の力の育成」選手の個性を大切にし、将来選手として求められる「個の力」を徹底的に磨きます。

 

その為に、このドリブル塾ではこれから求められる「個で突破できる」・「個で運べる」個人のドリブル技術を身につけるトレーニングを徹底して行います。

技術が一番身につく「ゴールデンエイジ」の期間である9歳から12歳までに習得したい技術を最大限伸ばす事、

そしてドリブルの使い方を理解してもらうのがこのドリブル塾となります。

 

ドリブル技術やドリブル姿勢、ボールの置き所・隠し方・触り方、などなどドリブルをたくさん学び吸収していきましょう。


ドリブル塾の特徴

ドリブルに特化したスクールです。 

 

ドリブル塾では「運ぶ」・「突破」大きくあるこの二つを理解してもらい、どこでどうドリブルを仕掛けるのかを学んでいってもらいます。

なんでもドリブルでというよりは、実戦で使えるドリブルという事をテーマにして習得してもらいます。

いつ・どこで・どのようなという状況に応じたドリブルが行えるよう になること、それに応じたドリブル技術を身につける事。ボールの置き所や持ち方を伝えながら、サッカーの試合に起こりえる局面などを意識して取り組みます。

 

ドリブルをするにもボールを持たないと始まりません。このドリブル塾ではボールを持つことだけに偏らず、オフザボール(ボールを受ける)についても学びます。ドリブルがうまくなっても、ボールが受けれない、ボールが離せないでは試合では活躍できません。

試合で使えるようにするためにオンザボール(ボールを持つ・離す)、オフザボール(ボールを受ける)の習得を目指します。


ドリブル塾のこだわり


サッカーはボールを奪いに来る敵がいます。ドリブル技術がうまくなること、対人プレーへの自信が持てるように指導します。試合での対人プレーに勝てる・負けない選手を育成するために、このドリブル塾では、テクニック(個人技術・個人戦術)の習得を目指します。

・両足でボールが扱えるようにする(ボールコントロールの習得)

・浮き球のボールコントロール(リフティング)

ヘッドダウン(ボールに目線を奪われない)せず、目線をあげドリブル出来るようになること

・スクリーン(ボールを守る)で守りながら運べるようになる

・突破する技(フェイント)や駆け引きを覚える事

などボールを奪われず、対人で勝つテクニックの習得を行います。


ドリブル塾育成の3本柱


「ボールを扱う」  

ドリブル・ボールタッチ・リフティングを行い技術習得を行います。

ボールが持てるようになればサッカーで見える景色が変わります、顔を上げてプレーできるように技術・技を磨いてレベルアップを目指します。

「身体を扱う」  

自分の身体を扱えるようになることがとても大切です。

専門的な知識を持つコーチが作成し、マーカーやコーンを使った動き作りや、大きな動きを取り入れた動作習得であったり、猫背・ヘッドダウンなどしないように良い習慣を目指します。

「相手を扱う」        

1対1に勝つ選手になる事を目指します。相手をどうすれば自分が思ったように扱えるかを知ることも大切です。

サッカーで必要になる個人戦術を学び、相手と駆け引きできる選手を目指します。



ドリブル塾概要


ドリブル塾

小3~小6

稲美中央公園 稲美中央公園
18:00~19:15 18:00~19:15


 

体験参加:いつでも可能です。随時体験募集しています。

(申込後、翌月1日よりスポーツ安全保険に自動加入いたします。)

 

[申込み]

 

体験申し込みは下記のフォームからお申し込みください。  担当:小田




コードを入力してください。:

メモ: * は入力必須項目です