· 

サッカーノート

こんにちわ。

2回目の投稿になります。

今日はサッカーノートについて書いていきたいと思います。

 

今ではサッカーノートを書く選手たちが増えたと思います。本当に良いことだと思います。

ちなみに私自身が中学生の時や高校生の時に書いた記憶はありません。

中学生の時はそういった情報がなかった、高校生の時は知っていたが自分の中でのやり方が確立されていたといった感じです。

 

今指導者になってからは、ノートに書き溜めるようにしていますが、当時の自分はこうなりたいというイメージと、その日感じたことをどうすれば上手くいくのかを考えだし、言葉に出してこれをしようと自分に言い聞かせるようにしていました。

次の日からは、理想にたどり着く為に自分が考えたことを実行していく日々の繰り返しが今に繋がっていると思います。

 

サッカーノートが大切だと感じるのは成長するためのサイクルを作ることが出来るところかなと思います。

 

計画をし、挑戦をする、それに対してどういう結果になったか、そして次はどういうことをしていくのかを考え計画する。

このサイクルを自分自身が作って行く事が大切で、それをサッカーノートでまとめることが出来ると良いなと思います。

 

例えば、サッカーノートの始めに、どうなりたかという大きな目標(長期目標)を考え書いてみてはどうでしょうか。

 

そしてこのノートが終わるまで出来るようになりたい事(例えば今より足がこれくらい速くなりたい、ドリブルで抜けるようになりたい、ここまでキックを飛ばせるようになりたいという中期目標)を目標を立てる。

 

その中で、毎日こういうことをしようと(短期目標)考える(例えば、毎日ドリブルをしようとか、蹴る練習をしようとか、速くなりたいからダッシュをしようという)。

 

ノートが自分の立てた目標がどうだったのか終われば必ず振り返る。続けたらからクリア出来たとか、さぼったから思ったようにならなかったのかなとか、試合でこういう影響が出たなど、自分の行動に対してどいう結果が出たのかを振り返ることが大切です。

 

そして次に活かし、また上でも書いたように、計画をし、挑戦をする、それに対してどういう結果になったか、そして次はどういうことをしていくのかを考え計画する。

 

そういった繰り返しが出来、形として残るのもサッカーノートの良いところだと思います。

 

是非自分に合った方法を考え、サッカーの成長に活かしてください。

 

もう一つは自分と向き合うを時間と空間を作れるということです。

自分と向き合う時間が減ってきた昨今、こういった自分自身と向き合う時間というのはとても大切な時間だと思います。

是非書いてみてましょう。

 

小田